読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光の3つの性質

光の性質は主に3つあります。

1つ目は、光の直進です。

光は、まっすぐに進む性質があります。

例えば、箱カメラで利用されます。

2つ目は、光の反射です。

光は、不透明な厚い壁にぶつかると、はね返る性質があります。

壁に向かって進む光を入射光、入射光と垂直な線との間を入射角、

壁からはね返った光を反射光、反射光と垂直な線との間を反射角

といいます。

入射角と反射角は、等しくなり、反射の法則といいます。

3つ目は、光の屈性です。

光は、透明なガラスや水に進むと、折り曲がる性質があります。

空気からガラスや水に入る光を入射光、入射光と垂直な線との間を入射角、

ガラスや水で折り曲がった光を屈折光、屈折光と垂直な線との間を屈折角

といいます。

空気からガラスや水に光が進む時、

入射角 > 屈折角  「水に入って、くつ(屈)が小さくなる」

となります。

ガラスや水から空気に光が進む時、

入射角 < 屈折角  「水から出てきて、くつ(屈)が大きくなる」

となります。

ガラスや水から空気に光が進むと、入射角<屈折角なので、

入射角を大きくすると、屈折角は水面を進み、

それよりも、入射角を大きくすると、光はすべて反射します。

これを、全反射といいます。

全反射は、光ファイバに利用されています。

 

 


にほんブログ村